icon_fb icon_tw
BLOGWEBデザイン・開発に役立つブログ

WEBサイト(ホームページ)を翻訳・多言語化する3つの方法!

こんにちは。WEBサイト(ホームページ)のデザイン・開発などを承っている Office A.T.R.のソラです。

今日は、WEBサイトを翻訳して多言語化する3つの方法についてまとめたいと思います。
今日の記事は、以下のような人に向けて書かれています。

外国人観光客も増えてきたし、うちのお店のサイトも英語で表示したらもっと見てもらえるのかな?

英語での問い合わせが増えてきているので、自社サイトを翻訳して見てもらえるようにしたい。

バイリンガル・多言語対応の、企業サイトを作成したい。

WEBサイト(ホームページ)を翻訳して多言語化する3つの方法!

自分でプログラムを書き、多言語サイトを構築する

自分でコンテンツを翻訳し、HTMLプログラミングによって必要な言語のページを構築する方法です。
最も予算がかからない方法ですが、プログラミングの知識が必要になります。また、サイトを構成するHTMLファイルを直接扱うとなるとページ数が多いサイトであればあるほどコンテンツの管理が大変になってきます。

WordPressのプラグインを使用する

上記のようにHTMLファイルを直接扱うとなると、ページ数が多いサイトであればあるほどサイトの管理が大変です。
そこで使用すると便利なのがWordpressなどに代表されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるサイトのコンテンツを包括的に管理できるアプリケーションです。
CMSには様々な種類がありますが、中でもWordpressは無料で使えることや、オープンソースであることから有志によるWordpress関連の情報などがWEB常に多く公開されていることもあり、今や世界中のWEBサイトの1/3がWordpressによって構築されていると言われるほど人気のCMSになっています。
ページ数の多くないサイトでも、Wordpress対応の翻訳系のプラグインが揃っているので、Wordressの扱いに詳しい人であれば、プラグインに頼ってしまうのが早いでしょう。
プラグインの設定はできるけど、Wordpressのインストールなどには詳しくないという方は、Wordpress導入・設置代行サービスなどもあるので、難しい設定は任せてしまい、プラグインの設定など管理画面から簡単に行える部分は自分で行うなどすることで、費用を抑えてWordpressプラグインによるサイトの翻訳・多言語化を実現することができます。

制作会社に依頼する

WordPressであれば翻訳系のプラグインを利用することで簡単にサイトを翻訳・多言語化することができますが、Wordpressの扱いにもそれなりの知識が必要になります。
そういった設定作業が苦手だったり、作業をしている時間がない、全てお任せしたい!という方は、バイリンガルサイトの構築を扱っている制作会社に相談すると良いでしょう。
ネイティブによる翻訳・スペルチェックなどを提供しているサービスもある、クオリティの高いサイトを手に入れることができます。
その分、ある程度費用がかかるので、予算を加味して判断すると良いでしょう。

まとめ

ホームページの翻訳・多言語化はWordpressを使って実現するのが予算を抑えつつ管理もしやすいのでおすすめです。
クオリディの高いサイトの翻訳・多言語化を測りたい場合は、費用はかかりますが制作会社の提供しているサービスを利用するのが一般的です。

Office A.T.R.ではホームページの翻訳・多言語化、バイリンガルサイトを作成を承っております。
スタッフが海外在住である利点を生かし、一般的な制作会社に比べ安く、ネイティブによる翻訳・スペルチェックなどサービスのご利用が可能です! お問い合わせはこちら