icon_fb icon_tw
BLOGWEBデザイン・開発に役立つブログ

コロナ禍で結婚式を挙げる際に気を付けたい感染対策まとめ

こんにちは。WEBサイト(ホームページ)のデザイン・開発などを承っている Office A.T.R.のソラです。

結婚式を行う予定だった方、行いたいと思っていた方にとっては
2020年は大変厳しい年だったことでしょう。
緊急事態宣言が出され、外出自粛要請が出た中で
泣く泣く結婚式をキャンセルまたは延期された方も少なくなかったと思います。

2021年になった今も、緊急事態宣言が再び出されたり、
まん延防止等重点措置が出されたりと、落ち着くのはまだまだ先になりそう。
「コロナ禍の結婚式は延期またはキャンセルするべき?」
と悩まれている方も多いのではないのでしょうか。

そこで、新型コロナウイルスにおける結婚式実施への影響の有無や、
感染対策などを今回はご紹介したいと思います。

コロナ禍で結婚式を挙げる際に気を付けたい感染対策まとめ

感染対策1 招待客数を減らしたり、通気性の良い会場を選択

ソーシャルディスタンスを守るために招待するゲストの数を減らしたり、
窓が大きくて風通しのよい、広めの会場を選ぶなどというのは
実際にすぐに取り入れられる感染対策。
ゲスト同士が向かい合わないようにスクール形式の会場レイアウトにするというのも1つの手。

感染対策2 オンラインで出席できるようなオプションを用意

遠方のゲストやご年配の方などは結婚式に参加するのも迷われる方も多いことでしょう。
そのような方々が気負いすることないよう、オンラインで参加できるような
zoomなどを用いた中継を式進行と同時に行うのもよいでしょう。

感染対策3 マスクやサニタイザーなどの細かい対策はしっかりと

少しでも招待客の皆様が安心できるように、
基本であるマスクやサニタイザーはしっかりと用意しましょう。
基本的にマスクは着用で、写真撮影の時と食事の時だけマスクは外していただいてよい
などとルールをあらかじめ決めておくとスムーズです。

コロナ禍で結婚式を挙げること自体をやめるという感染対策も

そこまで結婚式を行うことに執着していないカップルの方々であれば
人々が集まること自体を見直す検討もコロナ禍で結婚式を行う感染対策といえるでしょう。

結婚式は延期して写真の撮影や報告だけするパターン

こだわりの結婚式はコロナが落ち着いてから改めてするということにいっそするのも手。
フォトウェディングなどの写真撮影のみや、
SNSを駆使した結婚報告の演出だけでも満足度はかなり高めることができます。

オンラインで中継するパターン

結婚式はプライベートに、配信はグローバルに。
例えば結婚式は家族のみなど近親者で行い、
友人や勤め先の方々にはオンラインで参加してもらうことにすれば
予算もだいぶ抑えられる上、多くの方に感染リスクなく参加してもらうことが可能です。

ウェディングWEBページの活用

海外では近頃人気が急上昇していたりするウェディングWEBページの作成。
お二人のプロフィールや結婚挨拶文、前撮りフォトなどをアップすれば
それだけでオリジナルの2人の結婚ホームページができあがります。
とはいうものの1からホームページを作成するのは普通は難しいかと思いますが
結婚に特化したホームページ作成サービス「フタリデ」を使用すれば
文章や写真を簡単にアップロードするだけでオリジナルのホームページが完成。
あとはURLを送ればどこからでもアクセスすることが可能です。

まとめ

コロナ渦で結婚式を挙げる際に気を付けたい感染対策は、

  • 招待客数を減らしたり、通気性の良い会場を選択
  • オンラインで出席できるようなオプションを用意
  • マスクやサニタイザーなどの細かい対策はしっかりと

です。
ただ、コロナの状況次第では結婚式を挙げること自体の検討や、大幅な変更も必要なことがあるでしょう。
その場合は結婚式は延期して写真の撮影や報告だけしたり、オンラインで中継したり、
ウェディングWEBページを活用したりなどすることで感染リスクを低くすることが可能かと思われます。
一生に一度の結婚式を納得して開催できるよう、準備は綿密に、
いろんなプランを2人で話し合ってみてください。